「スマイルかながわ 認知症を考える」に、本校生徒が参加

  top   >    2017高浜ニュース  >    2017.09.12

9月5日(火)に、県立青少年センターにて、「スマイルかながわ 認知症を考える」に、本校生徒2名(3年生)が参加し黒岩県知事との意見交換を行いました。 当日は、『認知症についてツイッターで寄せられた意見の紹介や、認知症の具体的な症状についてVRを活用した体験、家族への支援について、さまざまな考えや提言が行われました。 また、本校の授業にて生徒から今回の意見交換に関する報告が行われました。「認知症の方が介護等で怒ることや泣くことには理由があるので、その理由について考える」ことの大切さが報告されました。


手話スピーチ